スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

インテリアフェア続き

これからの技術を使ったインテリアは、どうなるのでしょうか。
意外とこの方面には提案がありません。

家電製品はデザインがよくなり、スマートで、色も豊富、
インテリアに溶け込むことを
目指していると思います。
又、食器や台所用品、小物も充実していますが、
肝心の建物本体のインテリアの
技術的未来像はありません。

今までのデザインの歴史の繰り返しと、
その現代的解釈だけです。
いまだに1950年代の家具がもてはやされています。
建築も似たようなところがありますが、
進歩はないのでしょうか。

テレビモニターを使った暖炉、これには笑いました。
フェイクだけど、何か今の感じです。
本来の暖房機能よりも目に見る暖かさの演出と心理的なやすらぎ。
音楽に似たところがあります。

フェア2


ふぇあ1 


もう一つは、フィルム状液晶モニター
カーテンのように吊るせます。
フェイクな環境作り

ほんもの指向とデジタル指向
どちらも欲しいのが、21世紀のデザインでしょうか。




スポンサーサイト
Date: 2008.11.29
Category: 建築家の眼 (プロのお役立ち情報)

インテリアフェアの会場

インテリアフェアの会場の様子です。

エコ1

なーんとなくそういわれればエコっぽいデザイン

エコ2

こちらはエコそのもの
ナニゲなデザインが受けていました。
Date: 2008.11.28
Category: 建築家の眼 (プロのお役立ち情報)

インテリアと」リフォームフェア

先週は東京お台場のビッグサイトで開かれました、
リフォームとインテリアのフェアに行ってきました。

インテリアはエコがテーマ、色合いや素材も自然で、やさしい傾向でした。
時代を敏感に反映しています。
脱工業化社会の中での自然、環境志向は、工業化社会以前の
ルーツとしての自然や環境とは違って、人工の自然や環境といえます。
洗練された自然、手の加えられた自然、道具としての自然、
心地よい自然、安心で安全な自然、
21世紀の自然、環境はそういった意味でも、人に優しい、人間中心の
自然です。
Date: 2008.11.27
Category: 建築家の眼 (プロのお役立ち情報)

自転車

岡山市表町商店街で来年1月15日から2月28日まで、
歩行者、自転車共存の社会実験を行います。

自転車も歩行者も楽しめる道空間
安全で安心の買い物空間

表町商店街の皆さん、岡山市さん、NPO法人 まちづくり推進機構岡山
それから、表町にこられる買い物客の皆さん、通勤、通学に使われる皆さん、
この実験に参加するボランティアの皆さん、
多くの方が一緒になって、知恵と汗を出して、
気持ちの良い道の空間つくりに取り組みます。
期間中は道路に仮設の自転車置き場を設置して、
買い物にこられる方がお店の近くに
自転車が止めれるようにします。
又、空き店舗を活用して、臨時の自転車置き場にします。

岡山は「晴れの国」そして、土地に起伏が少なく、
自転車にはもってこいです。
自転車も楽しめる、中心市街地のまちづくりの実験、
一寸ならボランティアできるよと思われる方は
機構事務局まで御連絡下さい。

Date: 2008.11.24
Category: 建築案内・ 国外編 ( 訪ねた街・建築の紹介です)

路面電車 MOMO

岡山市内中心部を走る路面電車に「MOMO」という名前のLRTがあります。
先日、この電車を使っての「ワイン電車」というイベントがありました。
岡山駅からの2往復。ワイングラスが配られ、料理も用意されて、
何かいつもとは違う楽しさがありました。
運転は、ワインがこぼれないようにと、特別に注意深く運転
されたようです。

電車の交通機関としての役割とは別にこんな楽しみ方もあるよと
の提案は市民にとっても、観光客にとってもありがたいです。
Date: 2008.11.13
Category: 建築案内・ 国外編 ( 訪ねた街・建築の紹介です)

住まいのリフォーム4

住まいのリフォームを考える方の年齢は
ほぼ同じです。
60歳前後、つまりリタイアの前か、すぐ後です。
資金的にも余裕が出来ているのと、
家族の数も少なくなって、ご夫婦二人だけの
生活になっていて、さほど広い家が必要なくなったからです。
これからの年齢のこと考えると、使いやすくて、動きやすい
つまりバリアフリーの住まいに改装したいという必要性もあります。

お話を伺ってアドバイスさせていただくのは、
リフォームを検討されているなら、
早めに実行されたほうがよいということです。
そのほうが、長く安心してこれからの生活を
送れるからです。

ここでちょっと男性と女性の違いについて。
リフォーム後の生活についてです。
男性は今までずっと働いてきたこともあり、
これからの人生のイメージがせいぜい
15年から20年くらいまでであるのに、
女性は30年くらいで考えられているということです。

独りで生きていける力は、おおむね女性のほうが強いようです。





Date: 2008.11.02
Category: ただいま設計中

住まいのリフォーム3

リフォームの時、皆さんが頭を悩ますのが、家財道具の山。
これをどこかに移さなければなりません。

リフォーム道具1

リフォームしない部屋に仮置きしたり。
処分したり、あるいは、臨時に倉庫に預かってもらう。
敷地にゆとりがあれば、
プレファブの倉庫を建てて、保管する。

リフォームは楽しいけど、荷物のことを考えると気が重いと
皆さんおっしゃいます。

この際、要らないものは、早めに整理して、
すっきり暮らすのが一番です。

リフォームの内容によっては、
トイレやお風呂、台所も使えないということになります。
実際、このケースが多いのです。


仮設のトイレを設置したり、
お風呂は近くの温泉に行っていただいたりという
生活になります。
結構長期間になりますので、
アパートを借りていただくことになったりというケースもあります。

工事費以外に費用もかさみます。
ストレスも溜まりますので、
計画は早めに相談されたほうがいいと思います。
Date: 2008.11.01
Category: ただいま設計中
プロフィール

aoshintani

Author:aoshintani
新谷 雅之 (新谷建築設計事務所)
(NPO法人 まちづくり推進機構岡山顧問)

  岡山市在住

  職業 建築家 1級建築士

まちづくり専攻建築士
  国際UD協議会会員
  高齢社会検定協会
エキスパートの会会員
     
     
  
  その他、詳しくはHPご覧下さい。
  http://www.aoshintani.com
住所 岡山市奉還町4-15-17
    Tel 086-214-5323
    Fax 086-255-1800
    mail shin@aoshintani.com

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。