スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

ORIZURU(折鶴)

イタリア、ピニンファリーナ社のデザインディレクターとして、
フェラーリのデザインを手がけた
日本人 工業デザイナー 奥山清行氏と
氏の出身地 山形県天童市の木工家具メーカー
天童木工が手がけた、驚異のイス「ORIZURU」
天童イス川崎1

天童木工の成型合板の曲げ加工技術と
その特性を十二分に発揮した奥山デザインの
傑作です。

昨日、私の事務所に天童木工さんのご好意で
見本を、ほぼ1日置かせてもらいました。
色んな角度から眺めたり、
座って、その弾力ある強靭さに感心したり、
うっすらと木目の浮き出た、品の良い赤色の塗装に見入ったり、

後ろから見ると、こんなにもグラマラスです。
イスは結構、後姿が目に付きます。
天童イス川崎2
スポンサーサイト
Date: 2009.08.29
Category: 建築家の眼 (プロのお役立ち情報)
Comments (0)Trackbacks (0)

ユニバーサルデザインの取り組み 公園編

今年春岡山市で開かれました「全国都市緑化おかやまフェア」は
予想を上回る約90万人の来場者がありました。
誰もが使い易い会場作りを目指して、いろいろな立場の方に
ユニバーサルデザインの視点から会場を点検してもらいました。
「NPO法人まちづくり推進機構岡山」では、そのお手伝いをいたしました。
改善できるところは改善できて、よりおおくの人に使い易い施設になりました。

公式記録にも「ユニバーサルデザインの取り組み」として、
掲載されています。

緑化フェア1
緑化フェア2
Date: 2009.08.27
Category: 建築案内・ 国外編 ( 訪ねた街・建築の紹介です)
Comments (0)Trackbacks (0)

ユニバーサルデザイン 光る手摺

LED照明付きの光る手摺です。
住宅内での高齢者の方の不慮の事故で、
第3位が階段での転落、転倒です。

照明付き手摺2

夜、照明のない階段は事故がおきやすい場所です。
足元を照らす灯りがあれば安心です。

照明付き手摺1

壁埋め込み式のフットライトなどもありますが、
この手摺は灯りが組み込まれています。
センサーで自動点滅式。
停電、災害時は内臓電池で点灯します。
光源は低コスト長寿命のLEDです。

手摺は住宅改善介護保険の対象となりますが、確認下さい。
Date: 2009.08.22
Category: 建築家の眼 (プロのお役立ち情報)
Comments (0)Trackbacks (0)

リフォーム断熱

現在リフォーム中の住宅です。
暗い、寒いというのも、
リフォームの動機のひとつです。

明るくて、寒くない快適な環境づくりは、
リフォーム後も、長く住み続ける
ポイントです。
古い民家の土壁は断熱性はありません。
今回は壁はそのまま残しますので、
室内側に断熱材を貼り付けました。
壁断熱2

薄くても性能の良い断熱ボードです。
窓はペアガラスです。
ペアガラス1

大きな窓は、熱が逃げ易いので、
省エネ的にも助かります。
Date: 2009.08.20
Category: ただいま設計中
Comments (0)Trackbacks (0)

バスタブ

ユニバーサルデザインに配慮した設備や建築は野暮ったくて、機能オンリーの
ノーデザインという先入観がありますが、
先日紹介しました、出入りし易い洋式バスタブにはこんな
素敵なデザインがあります。

udバスタブ1

イタリアの巨匠 ソットサスのデザインによるバスタブです。
志摩観光ホテルにも使われています。
UDという新しい考え方の機能にしたがって出来るデザインに未来が見えてきます。

udバスタブ2

Date: 2009.08.14
Category: 建築家の眼 (プロのお役立ち情報)
Comments (0)Trackbacks (0)

UDなお風呂とは?

お風呂は普通日本式の少し深いタイプが使われます。
洋式と呼ばれる、寝て入るようなタイプはあまり一般的ではありません。
入浴の方法が洋の東西で違うからでしょうか。
洋式のメリットは浴槽の深さが浅くて、出入りし易いことです。
ud浴槽2

日本式は浴槽の底が深くて、浴槽の縁をまたぐようになって、
出入りしにくいのが、子供や、高齢者には不便です。
ユニバーサルデザインとしては出入りし易い洋式です。ただし、
足が浴槽の縁まで届かなくて、お尻が滑って、顔が湯船につかって危険という短所もあります。
ud浴槽1
Date: 2009.08.12
Category: 建築家の眼 (プロのお役立ち情報)
Comments (0)Trackbacks (0)

長期優良住宅

今年6月からスタートしました「長期優良住宅」は、
丈夫で長持ちする住宅ストックをめざしています。
認定を受けるメリットは、住宅ローン減税です。
ローンを使わない場合にも税のメリットがあります。


認定基準は10項目です。
標準的な住宅の仕様よりは高性能な分だけ
コストもかかります。
おおよその目安で坪単価70万円程度
長持ちと同時に、快適に暮らせます。
Date: 2009.08.10
Category: 建築案内・ 国外編 ( 訪ねた街・建築の紹介です)
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

Author:aoshintani
新谷 雅之 (新谷建築設計事務所)
(NPO法人 まちづくり推進機構岡山顧問)

  岡山市在住

  職業 建築家 1級建築士

まちづくり専攻建築士
  国際UD協議会会員
  高齢社会検定協会
エキスパートの会会員
     
     
  
  その他、詳しくはHPご覧下さい。
  http://www.aoshintani.com
住所 岡山市奉還町4-15-17
    Tel 086-214-5323
    Fax 086-255-1800
    mail shin@aoshintani.com

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。