スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

防災グッズ11

防災グッズ11


ハンドルを回すと、ラジオの充電と携帯電話の充電が出来ます。
ライト付きなので、非常用ライトとしても利用できます。

resize0080.jpg
スポンサーサイト
Date: 2011.04.30
Category: テーマ1・防災
Comments (0)Trackbacks (0)

防災グッズ10

防災グッズ10

長期水保存用光触媒タンク
3年間水保存可能(但し条件有)

resize0079.jpg
Date: 2011.04.27
Category: テーマ1・防災
Comments (0)Trackbacks (0)

防災グッズ9

防災グッズ9

自動点灯ライト
コンセントにさしておけば、地震や停電時、自動でライトオン
現在品切れ中。
手軽で、役立つグッズは品切れが多いです。

resize0078.jpg
Date: 2011.04.26
Category: テーマ1・防災
Comments (0)Trackbacks (0)

ユニバーサルデザイン 7原則

誰でもが安全に安心して使える商品、建築・都市そして環境づくりは
これからのまちづくりの必須条件です。
今までのまちづくりは働き盛りの成人
それも男子を対象に考えられていましたが、
高齢化、少子化、人口減の今後は、より多くの人が使えないと、
かえって負の財産になってしまいます。
まだ間に合うUDのまちづくり!!!

ユニバーサルデザイン(UD)の7原則に基づき
つくられたデザインをUDと呼んでいますが、
考え方はいろいろありますので、あくまで目安と思っています。

原則1:誰にでも公平に利用できること
原則2:使う上で自由度が高いこと
原則3:使い方が簡単ですぐわかること
原則4:必要な情報がすぐに理解できること
原則5:うっかりミスや危険につながらないデザインであること
原則6:無理な姿勢をとることなく,少ない力でも楽に使用できること
原則7:アクセスしやすいスペースと大きさを確保すること


ちなみに岡山県のUDの原則は5つです。
Date: 2011.04.25
Category: テーマ2・ユニバーサルデザイン
Comments (0)Trackbacks (0)

防災グッズ8

防災グッズ8

オリカソ ボウル

簡単に組み立てて使える食器です。

resize0076.jpg
resize0077.jpg
Date: 2011.04.25
Category: テーマ1・防災
Comments (0)Trackbacks (0)

防災グッズ7

防災グッズ7

プロテクティブ フード
煙にまかれた時に、頭から被って煙を吸わないようにします。
煙にまかれたら、なるたけ床を這うようにして避難します。
煙は上から下へ下りてきますので、
床近くが一番空気が残っています。

resize0075.jpg
Date: 2011.04.23
Category: テーマ1・防災
Comments (0)Trackbacks (0)

震災後の建物被災度判定

4月19日 震災後の建物の被災度についての判定の講習会が東京で開かれました。
全国から100名出席、各県2名づつの受講です。
岡山からは、構造設計者と私が参加しました。
震災にあった後、建物が使って大丈夫なのか、
補修が必要なのか、
どの程度の補修をすれば良いのか
使えなくて取り壊さなければならないのかの区分の
専門的な判断が必要です。

客観的で、合理的な被災度区分が出来なければ、
建物の有効な再利用と
地域のコミュニティーの維持、
環境の保持が出来ません。
今回の震災もこれから膨大な作業が始まります。
建築士が専門性を発揮して、
復興に貢献することが期待されています。
講習会1

講習会2
Date: 2011.04.21
Category: テーマ1・防災
Comments (0)Trackbacks (0)

防災グッズ6

防災グッズ 
ストロー浄水器

ストローで吸える簡単浄水器
お風呂の残り湯も飲料水に出来ます。
価格は一寸高価
海外旅行やアウトドアでも使えます。

resize0072.jpg
Date: 2011.04.20
Category: テーマ1・防災
Comments (0)Trackbacks (0)

bousai 6

kyouha
korekara
tatemono
risaido
hantei

koushuukai
ni
tokyouni
dekakemasu

kekka

burogu nite
gohoukoku
itasimasu
.
Date: 2011.04.18
Category: テーマ1・防災
Comments (0)Trackbacks (0)

防災グッズ5

防災グッズ5

手のひらトイレ
緊急時以外にも、アウトドアにドライブに介護にと
多目的にしようできます。
車に載せておくと便利です。

resize0070.jpg
resize0071.jpg
Date: 2011.04.16
Category: テーマ1・防災
Comments (0)Trackbacks (0)

防災グッズ4

防災グッズ 

非常用電灯 
電池不要、ゆっくり1分間まわすだけで、
45分間点灯
電池の品切れも心配なし

resize0069.jpg

Date: 2011.04.15
Category: テーマ1・防災
Comments (0)Trackbacks (0)

防災グッズ3

緊急用ホイッスル
自分の居場所を知らせます。
煙に巻き込まれた時、閉じ込められた時
防犯にも使えます。
東急ハンズでも販売
種類も多いです。

resize0068.jpg
Date: 2011.04.13
Category: テーマ1・防災
Comments (0)Trackbacks (0)

防災グッズ2

防災グッズ2

切って使えるタオル
包帯、バッグ、三角キン、手ぬぐい、
大判の風呂敷が一枚あれば、同じようにいろいろに使えます。

houtai 7
Date: 2011.04.09
Category: テーマ1・防災
Comments (0)Trackbacks (0)

防災グッズ1

災害に役立つグッズを紹介します。
以前、横浜市で開かれました防災博で見つけました。
日常でも使えるグッズもあります。
販売元が分かれば書き添えます。
ネット販売しているかもしれません。

エマージェンシーブランケット
1.4×2.0メーターのサイズ
保温力があり、体温の低下防ぎます。
手のひらに乗るサイズですので、
カバンの中や車の中に置いておくと便利です。

resize0066.jpg
Date: 2011.04.05
Category: テーマ1・防災
Comments (0)Trackbacks (0)

地震2

首相の再生プランの表明やマスコミ、専門家の提案など、
大きくは賛同できる方法とは思いますが、
大事なのは、地域の人と協働。
技術が勝って、専門家が決めていく事が今回の災害の反省点です。
現代社会の細分化、専門化は
統合のシステムはまだまだ持っていないのです。

以下は、先日所属するNPOの会員さんあてに送ったメールです。


地震を受けて、遠い岡山でも今後に備え、
新しい街づくりにつなげることが、
今回の教訓と体験を生かすことと思います。
空き地があれば、すぐに政治的配慮と地元迎合の施設を建てるのではなく、
真に必要で、安全、安心のまちづくりをめざすことは、建築士の役目です。
グランドデザインにかかわる、時期です。

独自にうぶすな事業計画します。
費用はうぶすな負担、資金支援も募ります。

うぶすなで経験もある防災WSを生かして
参考は静岡の防災まちづくりWS
今までの防災WSが住民の避難に重点が置かれていましたが、
モット先に罹災後のまちづくりを
考えることです。
東京には、復興まちづくり支援があり、各種団体も都と協定を結んでいます。
建築団体も県内各市とこのような協定を結べば、
日常的に、検討会などで、積極的に、行政、市民と協働して
まちづくりを進めることが出来ます。

その先鞭をつけるためにも、動き易く、実績のあるうぶすなで
スタートを切りたいと思います。
お知恵を貸してください。

Date: 2011.04.03
Category: テーマ1・防災
Comments (0)Trackbacks (0)

プロポーザル

「岡山県生涯学習センター 機能強化基本計画等策定業務 企画提案」
プロポーザルが行なわれました。
県内外10社参加
3月25日締め切り 3月28日 提案者からのプレゼンテーション
各社15分のプレゼン、10分間の質疑
3月31日 結果発表 
契約候補者は県外大手 、博物館や展示に実績ある「丹青社」

応募県内業者は全て建築設計事務所です。
建物を改修して利用ですが、原設計者が建築家「芦原義信」氏
県内でも有数の現代建築でああることから、設計者の応募が多かったと思います。

私の事務所は指針と実際の使われ方、地域での役割など考えて、
建築的な内容は重視せず、運営方法や、事業計画に重点をおきましたが、
狙いが外れていました。

せっかく、資金を投じて、改修し、新しい利用が出来るのなら、
皆に、使い易く、使われる建物計画と事業計画、運営計画に
してもらいたいと思います。

resize0065.jpg
Date: 2011.04.02
Category: ただいま設計中
Comments (0)Trackbacks (0)

地震

先日、東京出張。
新木場・豊洲の液状化現象が生じた場所を見てきました。
すでに、復旧は始まっていました、
埋立地の液状化対策は、建物はすすんでいますが、
道路・地中のインフラ設備(ライフライン)・庭・外回りは
対策が難しいと思います。
液状化現象は道路では硬い路盤の車道では無くて、
やわらかい歩道に生じています。
緊急、不測事態時に必要な車道を守るという観点からは、
これでも良かったのかとも思いました。

resize0054.jpg
resize0051.jpg
resize0055.jpg
Date: 2011.04.02
Category: テーマ1・防災
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

aoshintani

Author:aoshintani
新谷 雅之 (新谷建築設計事務所)
(NPO法人 まちづくり推進機構岡山顧問)

  岡山市在住

  職業 建築家 1級建築士

まちづくり専攻建築士
  国際UD協議会会員
  高齢社会検定協会
エキスパートの会会員
     
     
  
  その他、詳しくはHPご覧下さい。
  http://www.aoshintani.com
住所 岡山市奉還町4-15-17
    Tel 086-214-5323
    Fax 086-255-1800
    mail shin@aoshintani.com

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。