スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

金光病院

この写真は壁の配筋を検査しているところです。
鉄筋の間隔、鉄筋の太さ、種類
設計図、施行図の通りに施行されているかどうか、現場で目視です。
鉄筋についているオレンジ色の輪はコンクリートの厚みを確保するためのものです。

金光背筋壁1128
スポンサーサイト
Date: 2015.11.28
Category: ただいま工事中
Comments (0)Trackbacks (0)

犬島 家プロジェクト

犬島 家プロジェクトは、アートディレクター 長谷川祐子氏、建築家 妹島和世氏の作品
写真ではわかりにくいですが左側のグネグネした曲線の塀は、古い民家の構造補強壁です。
単なる補強に終わらず、デザインするところがすごいです、
内面はアルミ板貼り、展示してあるアートや、観覧者を
映し出して、不思議な雰囲気を作ります。

妹島氏設計のフランス、ランスのルーブル別館の外壁にもアルミ板が使われていて、
犬島で、先行して試験的に使われたようです。
ランスはスケールがちがうのと、外部は元々の炭鉱で、殺伐として何もないので、
この犬島の瀬戸内のきらきら光る陽光の中のアルミ壁の方が、
素敵でした。
ランスの写真は別の機会にブログにアップします。

犬島
Date: 2015.11.22
Category: 建築案内・ 国外編 ( 訪ねた街・建築の紹介です)
Comments (0)Trackbacks (0)

金光病院  1114

Date: 2015.11.14
Category: ただいま工事中
Comments (0)Trackbacks (0)

モノを捨てよ 世界へ出よう

Date: 2015.11.07
Category: BOOKS MEMO (本との出会いは人生の出会いか?)
Comments (0)Trackbacks (0)

照明 ホテル編

ホテルの照明は通常は室内もダウンライトとブラケット、スタンドが
主流ですが、現代のように、文字を読んだり、情報端末を操作するのには、
暗すぎて、照明の当たる場所に
動かなくてはなりません。
住宅と違ってホテルだけがなぜこのような照明スタイルなのか
わかりませんが多分、昔の照明スタイルを電球に置き換えたからなのでしょう。
日本でも昔の行燈スタイルでは暗すぎます。

このホテルの照明はダウンライトと調光付の天井照明の併用型
器具は多分ホテルのオリジナルでしょう。
便利です、天井が比較的高いので、目障りになりません。
日本人デザイナーのアイデアです。

resize1383.jpg
resize1384.jpg
Date: 2015.11.01
Category: 建築家の眼 (プロのお役立ち情報)
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

Author:aoshintani
新谷 雅之 (新谷建築設計事務所)
(NPO法人 まちづくり推進機構岡山顧問)

  岡山市在住

  職業 建築家 1級建築士

まちづくり専攻建築士
  国際UD協議会会員
  高齢社会検定協会
エキスパートの会会員
     
     
  
  その他、詳しくはHPご覧下さい。
  http://www.aoshintani.com
住所 岡山市奉還町4-15-17
    Tel 086-214-5323
    Fax 086-255-1800
    mail shin@aoshintani.com

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。