スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

住まいのリフォーム

住まいのリフォームの続きです。
現況の調査が終わると、間取りを作図します。
図面に仕上げると、柱の位置やそれにかかる梁の
位置が分かります。

現況図

取り除くことが出来る壁、補強したほうが良い壁、
柱や梁の補強や追加もはっきりしてきます。
床下は大体現代の工法に比べて、
あまり床上の荷重のことが
考えられていませんので、補強が必要です。
現代生活では様々な家具や家電製品が荷重として、
床にかかっています。
又、長年の間に不陸が生じていますので、
調整が必要になってきます。
リフォームでは、出来上がってしまえば、
目に見えないところに、やはり費用がかかります。


小さく分かれていた部屋をワンルームにして広くゆったりと
使いたいという要望が多いので、図面と見比べて、慎重に新しい
間取りを考えていきます。

改修図1

古い住宅の場合、暗くて寒い北側の部屋、大体台所や食堂、
それから寝室、水廻りへのリフォームの要望が多いのです。
リフォームの基本計画で赤ペンはお客様との打合せでの変更箇所です。
スポンサーサイト
Date: 2008.10.18
Category: ただいま設計中
プロフィール

aoshintani

Author:aoshintani
新谷 雅之 (新谷建築設計事務所)
(NPO法人 まちづくり推進機構岡山顧問)

  岡山市在住

  職業 建築家 1級建築士

まちづくり専攻建築士
  国際UD協議会会員
  高齢社会検定協会
エキスパートの会会員
     
     
  
  その他、詳しくはHPご覧下さい。
  http://www.aoshintani.com
住所 岡山市奉還町4-15-17
    Tel 086-214-5323
    Fax 086-255-1800
    mail shin@aoshintani.com

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。