スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

昭和の公共建築

日経新聞文化欄には「記憶の建築10選」というコラム欄があって、
様々な建築が取り上げられています。
今回の10選は「昭和の公共空間」と題して、
京都工芸繊維大学 松隈教授の一押しの建築が紹介されています。
どの建築も昭和時代の名建築、お手本でした。
実際にたずねてみて、空間の持つ気迫に圧倒されていました。
このような建築をひとつでも社会の中に、根付かせ、残せる
建築家の仕事に対して、勇気を与えてくれました。

広島聖堂1


村野藤吾設計の「世界平和記念聖堂」
普通のプランに普通の立面
饒舌ではなく、革新的でもなく、
広島の記憶をとどめる現地で作製されたコンクリートレンガの外壁が
無言のうちに広島からの平和への願いを発信しています。
1954年の作品、半世紀前です。
豊かになった現代の私たちが忘れてしまった
未来への夢や希望、精神性を強く感じます。

広島聖堂2
スポンサーサイト
Date: 2010.06.24
Category: 建築案内・ 国内編  ( 訪ねた街・建築の紹介です)
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Author:aoshintani
新谷 雅之 (新谷建築設計事務所)
(NPO法人 まちづくり推進機構岡山顧問)

  岡山市在住

  職業 建築家 1級建築士

まちづくり専攻建築士
  国際UD協議会会員
  高齢社会検定協会
エキスパートの会会員
     
     
  
  その他、詳しくはHPご覧下さい。
  http://www.aoshintani.com
住所 岡山市奉還町4-15-17
    Tel 086-214-5323
    Fax 086-255-1800
    mail shin@aoshintani.com

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。