スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

おかやま木の家

昭和45年の住宅着工戸数は約148万戸でした。
木造住宅の比率は約70パーセント
戸建住宅は木造在来工法、
大工さんの建てる家が
ほとんどでした。
専業の設計士が住宅の設計を手がけるのも、
まだ珍しい時代でした。

森林ツアー


平成元年には住宅着工戸数は160万戸に増えましたが、
木造住宅の比率は約44パーセントに下がっています。
マンションやプレファブ系の賃貸住宅がたくさん建てられたからです。
色々な種類の住宅の工法、デザイン、材料が開発され、人々の関心が
デザインに向き、建築士が住宅をたくさん手がけるようになりました。

木造住宅が少なくなって、木材が使われなくなりました。
森林も荒れてきました。

木材1


棟上1


そして平成17年には住宅着工戸数は約123万戸に減少しました。
木造住宅の比率は約44パーセントと平成元年と同じです。
ますます使われなくなった木材。
材料としてだけではなく、
環境面からの新たな視点での森林と木材の利用が必要です。
スポンサーサイト
Date: 2008.03.27
Category: 建築家の眼 (プロのお役立ち情報)
プロフィール

Author:aoshintani
新谷 雅之 (新谷建築設計事務所)
(NPO法人 まちづくり推進機構岡山顧問)

  岡山市在住

  職業 建築家 1級建築士

まちづくり専攻建築士
  国際UD協議会会員
  高齢社会検定協会
エキスパートの会会員
     
     
  
  その他、詳しくはHPご覧下さい。
  http://www.aoshintani.com
住所 岡山市奉還町4-15-17
    Tel 086-214-5323
    Fax 086-255-1800
    mail shin@aoshintani.com

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。