スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

岡山市民会館 移転

岡山市民会館が現在の場所から移転が決まりました。候補地は岡山市の繁華外のはずれ、千日前商店街の角地です。
再開発ビルとなりますので、地権者などの全員合意が条件です。
理由は市街地の全体的な活性化をにらんだ候補地の選定といわれています。
再開発ビルの一部に市民会館が入る、前例いでいえば表町のシンフォニービルと同じ手法によるまちづくりです。
岡山市の負担部分は床面積約19000㎡、工事費165億円、単純な坪単価は290万円、
合併債の活用で、市負担分は半分ということです。
全国どこにでもあるような再開発ビル、それも現状では、あまり人が行くことのなくなった、
公共交通機関の不便で、まとまった駐車場や、飲食店も少ない候補地です。
岡山市のまちづくりの長年の課題である、路面電車の環状化が実現しなければ、
やはり不便と言わざるをえないと思います。
現市民会館は建築家佐藤武夫による、日本の現代建築の名作、
同時に建てられた、山陽放送社屋と一体になった、
二つの建物の間の広場は、戦後の民主主義の、市民に開かれた公共空間の典型です。
丹下健三による広島ピースセンターの市民広場の思想にも通じる、
岡山の貴重な現代建築遺産です。
同じ設計者 佐藤武夫による同じ時期に建設された
熊本市民会館は耐震改修を終え、継続して市民に利用されています。
又、建築家 村野藤吾による、米子の市民会館も、耐震改修を終え、市民に利用されています。
情報誌「ブルータス」に紹介された岡山市民会館の記事です。
resize0005.jpg
resize0006.jpg
スポンサーサイト
Date: 2015.08.09
Category: 建築案内・ 国外編 ( 訪ねた街・建築の紹介です)
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Author:aoshintani
新谷 雅之 (新谷建築設計事務所)
(NPO法人 まちづくり推進機構岡山顧問)

  岡山市在住

  職業 建築家 1級建築士

まちづくり専攻建築士
  国際UD協議会会員
  高齢社会検定協会
エキスパートの会会員
     
     
  
  その他、詳しくはHPご覧下さい。
  http://www.aoshintani.com
住所 岡山市奉還町4-15-17
    Tel 086-214-5323
    Fax 086-255-1800
    mail shin@aoshintani.com

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。