スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

設計者は、何を考えているの

最近は、住宅メーカーや、
地元の工務店さんの住宅もおしゃれです。

メーカーに頼めば、
既製品のデザインでいいのがあります。
地元で頑張る住宅の得意な工務店は、
結構融通を利かせて、
お客様のニーズや予算に合わせてくれます。

いずれも満足度は高く、
コストパフォーマンスも良いといえます。


それでは、私たちのような、設計事務所の住宅は
どこが違うのでしょうか。

お客様用の一品生産限定であることは確かです。
設計料が高くつきます。
服でも、靴でも、装飾品でもオートクチュールになると高くつくのは、
手仕事だからです。
デモ、それだけでしょうか。

真庭1


設計者が住宅の設計に臨むときに考えることは、
「建築はその地に新たな価値を生み出す創造
そのもの」
と考えていることです。
つまり、普通に住宅を建ててしまえば、普通の土地が、
新たな価値を生み出すような住宅を建てると、
場の力が創造されて、良い土地になるということです。
坪単価20万円の土地が40万円の価値になれば、
設計料は安いものです。

参考図は、敷地訪問時の
ファーストインプレッション
スケッチです。
スポンサーサイト
Date: 2008.04.27
Category: ただいま設計中
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

aoshintani

Author:aoshintani
新谷 雅之 (新谷建築設計事務所)
(NPO法人 まちづくり推進機構岡山顧問)

  岡山市在住

  職業 建築家 1級建築士

まちづくり専攻建築士
  国際UD協議会会員
  高齢社会検定協会
エキスパートの会会員
     
     
  
  その他、詳しくはHPご覧下さい。
  http://www.aoshintani.com
住所 岡山市奉還町4-15-17
    Tel 086-214-5323
    Fax 086-255-1800
    mail shin@aoshintani.com

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。